いくつ当てはまる?貯金が出来ない女の特徴13のチェック項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
saving-money-woman

貯金が出来ない人は特徴が有ります。

男性と女性では貯金が出来ない特徴が違います。特に女性にはある共通項が有ります。

逆になかなか貯金が出来ない!と嘆いている人は理由が分かればそれを直していくようにすれば良いのです。

この記事では、13個の特徴をご紹介します。

貯金が出来ない、お金が貯まらない女のチェック項目13
saving-money-woman

家計簿をつけていない

支出と収入が全く分からない状態は一番危険です。特に光熱費、食費などは毎月それぞれいくらかかったかや、今月は電気代が高いなとか気づく事が重要です。

特にスーパーや、コンビニなどのレシートは無くしがちで一日いくら使ったという事を自覚する事が節約、貯金の第一歩です。

部屋が汚い

お部屋がちらかっていると、節約しようという気になりません。

これはなんでもそうで、勉強にも集中出来ないしとにかく他の事に気がいってしまうもの。自分の生活をきちんとしようとするにはまずは部屋を片付ける事が第一歩になります。

お金は必要になったら毎回おろす

お給料が入ったら「お金は必要になったらATMでおろす」という人は要注意。

「足りないと困るからとりあえず1万円下ろそう」という人がかなり多いように思います。

給料がはいったばかりの時は気が多きくなりがちで、必要な分だけ計算して下ろしておくか先に用途別で分けておかないと給料日直後に無駄な出費が多くなります。

財布にいくら入っているか把握していない

なんでこんなにお金が減っているんだろう?大して高いものも買ってないのに・・・と感じる事が多く有りませんか?

現状のお金を知っておかないとやりくり等は出来なくなるので、足りなくなったらお金をおろすという習慣がついてしまいます。

ラスト○個や限定品だと買ってしまう

日本人全般ですが特に女性に強いのがこの傾向。

大して必要なものではないものなのに「限定品」だから今買わなくちゃ・・・と出費をしてしまいがちです。
本当に必要なものなのか見極める事が重要です。

新製品はとりあえず買ってみる

普段目にする日用品や美容グッズ等で新製品が出ていると、とりあえず試したくなる!という女性は多いです。これも限定品に弱い事と同様に浪費癖のある女性の特徴です。

ウインドウショッピングが好き

何か時間があったらウインドウショッピングしたり、店に入るととりあえず店内を一周するという人は多いのではないでしょうか?

見てると欲しくなるのは必然です。

必要じゃないけど、今後必要になるかも・・・など理由付けをして不要なものまで購入してしまうのが貯金が出来ない女性の大きな特徴です。

セールに良く行く

セールに弱いのも女性の特徴です。セールに行けばかならず何か購入してしまうでしょう。買うものをあらかじめ決めていかないと無駄な支出は増える一方です。

「せっかく並んだんだから買わないと損」と思って気づいたら2.3万使ってた・・・等という事がないように。

思いつきで買い物をする

今すぐ必要じゃないものだけど、あったら楽しいかも・・などと店内を歩いていてつい買ってしまう人も多いです。

たとえば、ちょっとしたマッサージ器が目に入ったら「あったら仕事がはかどるかも・・・」と理由をつけて浪費しがちです。

帰りにとりあえずコンビニ

会社の帰り道や、遊びの帰りにとりあえずコンビニによるのが習慣!という方は無駄遣いが多くなるのが必然です。

雑誌ついでにお菓子を買ってしまったり、デザートを買ってしまったり。たいした金額ではないですが塵も積もればです。

空腹に弱い

ちょっと小腹が好くとメニューをみているだけで、ついつい食べてしまう・・・・そんな女性はやっぱり多いです。

女子2人が集まるとその傾向はさらに高まります。

自炊すれば節約出来るのに外食が多くなりがちなのも女性の特徴です。

甘いものが好き

同様に食後に甘いものをかならず頼んでしまう・・・これもクセがついてしまうと無駄な浪費と考えられるでしょう。

迷ったら両方買ってしまう

価格が安いとついつい、両方買ってしまうという事はありませんか?

たとえばコンビニでデザートに迷ったら1つでいいのにとりあえず両方かごに入れちゃう人は要注意!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

13個のチェック項目で当てはまる数が多ければ多い程、貯金はしずらいのでお金が貯まらない傾向が強いでしょう。

ですがまずは自分の性格に気づく事が貯金を始める第一歩になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.