貯金が出来ない人必見!無理無く長続きする貯金術は割合が大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
saving-money

無理無く貯金をしませんか?

お金が貯まらない…そんな人は多いのではないでしょうか?。ではなぜ貯金する習慣が続かないのでしょう。

まずそのまえに、貯金をするには「給料からそのまま別口座に天引きする給与天引き派」と「余ったお金を無理無く貯金にまわす派」で分かれるとおもいます。一般的には天引きしないと貯まらないともいわれていますが、重要なのは収入に対する貯金の割合です。

どのくらいの割合で貯金するのがいいのか、無理無い貯金術をご紹介します。

余ったお金を貯金する人は長続きしない
saving-money

貯金しても長続きしない人の特徴は無理に貯金しようとするからです。そのため貯金額を決めないで余ったお金だけ貯金しているという人が数多くいますが、続いている人を見た事がありません。

目標がないと人は何でも長続きしない生き物です。「彼女と同棲資金をためたい」「車が欲しい」となんでもいいのでまずは貯金する目的を設定して定期的に給与から引き落とされる金額を設定して、長期的に続ける事が重要になります。

そのうえでまだ余裕があったら貯金にまわすようにしましょう。

お金を上手に貯金出来る絶対条件は、「計画性があるかどうか」なのです。

給与天引きでも貯金出来ない人

一方計画立てて給与から天引きするように決めても貯金出来ない人もいます。

それはどのような人なのか・・・。

明らかに生活が苦しくなる無理な設定で貯金をしようとする人です。頑張ろうとする気持ちだけでは長続きしません。せいぜい続けられるのは2.3ヶ月でしょう。

そしてなにか理由をつけて貯金に手を出してしまうとその時点でモチベーションはなくなります。

どれくらいの金額を貯金にまわすのか

ではいったいどれくらい貯金していけばいいのでしょうか?

これは目標金額や収入によりますが、重要なのは無理をせず生活が苦しくならない金額設定です。

様々な意見があると思いますが収入の15%を貯金に回す事がベストです。

手取りが20万の人は3万円、30万円の人は4万5000円ほどが無理なく貯金出来る額とも言えるでしょう。もし子供の教育費に回したい場合等はさらに割合を下げてもかまいません。

重要なのは金額ではなく割合です。

支出はすべて割合でみる

割合で見るのは貯金だけではなくすべてにおいて設定出来ます。

住宅費にあたる家賃や住宅ローン等は収入の25%ほどで設定すべきですし、食費は15%が無理なくやりくり出来る金額と言われています。

実際住宅ローン等は頭金を無視するとそれ以上のローンは組めません。食費が15%をオーバーすれば使い過ぎという事になり食費節約をするきっかけにもなり、無駄遣いを減らす目安になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

貯金をする事では現在金利の関係上お金は増えて行きません。たとえば100万円貯金しても多くて、年間200円です。

ですが貯金を日本人はします。これは精神衛生上の問題、または緊急時にも対応する為に必要なことです。無理なく貯金をする事で様々なストレスが解放されますのでなるべく長続きして貯金をしておく事が賢明でしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.