何枚持ってる?クレジットカードは2枚にするべき5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
number-of-creditcard

あなたはクレジットカードを何枚持っていますか?

クレジットカードは枚数に制限はないため、系列店のポイントを貯めたりに複数持っている人が多いのではないでしょうか?

ですが複数持っていても利用しきれていない方がほとんどで、本来2枚持っていればで十分なんです。

この記事ではクレジットカード2枚がベストだと断言出来るその理由をご紹介します。

クレジットカード枚数の平均は?

アンケートサイトや口コミサイトでの日本人のクレジットカード所有枚数は平均3〜5枚の方が一番多いようです。

ガソリンスタンドで使用するカードや、海外用のカード、スーパーでポイントがつくカード等を主に使用していて、ポイントを考えて複数枚持つ方がほとんどです。

ですがそこには大きな落とし穴やリスクが待っていますので2枚に絞るべきだと考えます。

2枚に絞るのが良い理由

1枚ではなく2枚作る理由

本来は1枚だけに絞った方が良いのですが、2枚にする理由は盗難や紛失のリスク回避です。

スキミングされた場合や盗難、または財布を紛失した場合などは現金とカードが一時的にも無くなりあなたは何も出来なくなります。

そのため予備のカードとして一枚を持っておくべきで、メインとなる1枚は財布にいれてサブとして1枚は自宅に保管しておくのがベストです。

また5枚以上のカードを財布に入れている場合、全て覚えているでしょうか? 5枚以上ある場合は、把握しきれなく使用ストップし忘れていたクレジットカードが使用されていても後の祭りです。

年会費

まず複数毎クレジットカードをもつデメリットは年会費です。

初年度は無料なのでどんどんクレジットカードを作る人が多いですが、2年目からは年会費がとられます。 複数枚クレジットカードを作っている多くの方が一度作ると使用しなくてもそのまま放置する率が非常に高いのです。

基本的にクレジットカードの年会費は1年で1,312円かかります。

本当に必要なカードなのか、その場だけ得するから作ってしまったことはないでしょうか?

個人のキャッシング枠には制限がある

クレジットカードをつくるとキャッシング枠が作れますが個人の枠は決まっています。

あなたのキャッシング限度枠はあなたの状況に応じて上限が決まっています。限度額が200万円だとしたら5枚カードを持っていると一枚の限度枠は40万円です。200×5=1000万円ではありません。

クレジットカード所有枚数が多ければ多い程限度枠は少なくなっていくため、カード会社側からは信用度が低いという事になっていくのです。

ポイントは集中させる

使用するたびにたまっていくポイント目当てでカードを量産する人も多いのではないでしょうか?

ですが3枚以上になるとポイントが分散してしまい、たいした恩恵はないでしょう。

枚数を絞る事によってポイントをまとめた方が効率が良いのです。

使用状況が把握出来なくなる

複数枚もっていてバラバラで使っていると、普段の生活の中で、使用状況がだんだん把握出来なくなってきて無駄使いが多くなります。 今月は使いすぎてるという金銭感覚がだんだん狂ってくるのです。

また明細が送られてきて、実際3.4枚をこえると「どのカードがいくら使って・・・」と、毎月まとめるのはとにかく大変です。

仮に支払いが振込にしていた場合、カードを複数枚持っていると入金を忘れてしまう可能性が高くなります。一度でも支払いに遅れてしまうと『事故』になり、金融機関に記録されてしまうと今後カードを作ったり出来なくなる可能性まで出てきてしまいます。

銀行に信用がなくなるため、住宅ローン等が組みにくくなる等の可能性が非常に高いのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? クレジットカードは2枚にするべき5つの理由をご紹介しましたが、2枚の組み合わせは様々です。

自分のライフスタイルによって選ぶのが重要ですが、ポイント重視なら楽天カード(JCB)が一番ポイント還元率が良く、メインカードとして利用している方が多いです。

楽天カード

オンラインショップでは日本最大のマーケットである楽天市場で使用すればポイント2倍で還元率2.0%越え、実店舗でも2%、3%還元される場所が非常に多いので効率が非常にいいクレジットカードです。

クレジットカードは大変便利ですがついつい使ってしまいがちなのでカードの持ち過ぎには注意が必要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*