サラリーマン必読!簡単に毎日のランチを少しでも安く節約する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
jfcard

サラリーマンの楽しみといえばランチ。だけどお小遣いは決まっていて意外とかさむものです。

ランチを少しでも安くしたいというのは100人中99人は思うことではないでしょうか?

この記事では毎日のランチを少しでも安く節約する方法をご紹介します。

ジェフグルメカードを購入して使えば使うほど節約になる

ジェフグルメカードとは

jefgrume

ジェフグルメカードは、株式会社ジェフグルメカードが発行している、全国約3万5000店舗の飲食店で利用できるグルメカードです。
そのほか、商業施設などでも利用することが可能です。

なぜジェフグルメカードはお得なのか?

普通に購入すると1枚につき500円分使えるだけなので得はしません。

そのため、贈り物や忘年会の景品などに購入される方が多いのですが、ジェフグルメカードは金券ショップでも大量に購入する事が出来ます。

金券ショップでの相場は、470〜480円で売られているのがほとんどなので、1枚使うたびに20円節約になるわけです。
これ以下で売られていれば即購入した方が良いです。

5枚使えば100円、60枚使えば600円節約することになるので1食分浮く計算になります。

枚数を使えば使うほど実質の割引率は安くなりますので毎日のランチで使うのがオススメです。

 

ジェフグルメカードが人気の理由

使える店がとにかく多い!

jfcard1

サラリーマンの皆さんは、どんなところでランチを食べているのでしょうか?

基本的には安くて美味いお店が当然人気があります。

ジェフグルメカードは、ほとんどのファミレスから、大戸屋、吉野家、松屋からオリジン弁当、CoCo壱番屋まで全国どこにでもある定番の安くて美味しい外食チェーンはもちろん、ワタミや魚民、白木屋などのチェーン居酒屋まで使えるので、会社帰りの飲み代も安くする事が出来ます。

あなたの会社の近くで使える店舗を探すにかこちらで探してみましょう。

http://www.jfcard.co.jp/shopinfo/?mode=use

利用店舗が増え続ける

公式サイトの最新情報では、利用できる店舗もどんどん増えています。

jfcard2

チェックしておくとあなたの会社の近場でも利用できる店舗が増えているかもしれません。

商業施設でも使える

ジェフグルメカードは、飲食だけではなく新丸ビルや西武百貨店、パルコ、ソラマチなどの商業施設でも利用する事が可能です。

家族でお出かけした時にも使えるのはいいですね。

利用商業施設一覧

  • 新丸ビル
  • 丸ビル
  • そごう
  • TOKIA
  • OAZO
  • 西武百貨店
  • パルコ
  • タカシマヤタイムズスクエア(新宿)
  • 「東京スカイツリータウン®」内の商業施設「東京ソラマチ®」の下記フロア
  • フードマルシェ (2F)
  • ソラマチ タベテラス (3F)
  • ソラマチダイニング (6・7F)
  • ソラマチダイニング スカイツリービュー (30・31F)

 

有効期限がない

ありがちな有効期限が設定されていないのも嬉しいポイントです。

財布に保管しておくと、いざという時に便利ですね。

お釣りが出る

図書券などの金券はお釣りが出ないものですが、ジェフグルメカードはお釣りが出るんです。

例えば吉野家でジェフグルメカードを使う場合の趣味レーションはこちら

吉野家の牛丼の場合

サイズ 店舗価格 カード利用時の実質価格
並盛 380円 360円(1枚利用)
大盛 550円 510円(2枚利用)
特盛 680円 640円(2枚利用)

※金券ショップで1枚480円で購入した場合

 

ジェフグルメカードを購入するには

公式サイトでオンラインで購入することも出来ますし、デパートや金券ショップでも購入することが可能です。

復興支援活動として、1枚ご購入につき5円が東日本復興支援事業に寄付されるのでちょっとした寄付にもつながります。

参照:http://www.jfcard.co.jp/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

グルメカードは意外と使っていない方が多いのではないでしょうか?

20円〜30円といえども、チリも積もればです。

ヤフオクなどで大量に購入することも出来ますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*