1日2箱の男がiQOSをクーポン利用で買ってみた感想レビュー!申し込み手順解説してます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
iqos11

タールが無い加熱式タバコiQOSを知っていますか?

私も知り合いが最近初めて、いきなり禁煙は出来なそうだけど、これなら続くかも?という事で購入してみましたのでレビューします。

火を使わないので火事の心配もなし!

iQOSのクーポン申し込み手順を画像付きで解説、吸ってみた感想などを書いてみます。

なぜiQOSがおすすめなのか?

iQOSは禁煙したいけど自信が無い人におすすめだそうです。

iQOSはタールが無い加熱式タバコですが、吸う時には本物のたばこ葉を吸うので禁煙する訳ではありませんので、僕も躊躇無く始めてみた訳です。

ただ火を使わないで加熱して吸うので火事の心配はありません。そして灰がでないのも嬉しいポイントでした。
普段僕は、自宅のベランダに灰皿を置いて吸っているのですが風で灰が巻き散るので、妻にめちゃくちゃ文句を言われていましたので、灰がでないのも選んだ理由です。

 

iQOSの申し込み手順

iQOSはデバイスになるiQOSキットにヒートスティックと呼ばれるタバコを加熱して吸うのですが、このタバコと本体は、コンビニエンスストア(たばこ取扱店)、一部たばこ販売店で販売しています。

iQOSキットが9,980円するのですが会員登録すると、現在キャンペーン中で4600円キャッシュバックしてくれるクーポンを貰えます。

また様々なお得な情報も送られてくるので、登録しておく事をおすすめします。

iqos8

 

iQOS公式ページで会員登録

まずはHP上で会員登録をします。
https://www.iqos.jp/

移動するとトップページから会員登録出来ますので、「今すぐ登録」を選びましょう。

iqos2

 

クリックしたら必要情報を記入していきます。

また未成年を確認する為に身分証明書が必要です。
taspoの写真を撮るか、運転免許証、パスポート、本人名義の健康保険証をスマホなどで撮影して会員登録と一緒にアップする形です。

iqos3

 

会員登録が完了すれば、登録したメールアドレスに「iQOS.jpにご登録いただきありがとうございます。」というメールが届くと思います。

ちょっと時間差があるようで私の場合も30分ぐらいかかりました。

iqos4

 

iQOS公式ページでクーポンを発行

会員登録が済んでいるので公式ページにログインしてみましょう。

ログイン出来たら、トップにクーポン発行画面が出て来ると思います。

iQOSのクーポンが利用出来る場所

  • ローソン
  • セブンイレブン
  • NewDays

3つになっています。1番自宅に近いのはセブンイレブンなんですが、セブンイレブンの場合はnanacoカードで購入しなければいけません。

nanacoカードは持ってないしNewDaysは近くにないので、僕の場合はローソンで購入する事にしました。
ローソンの場合は、店内のLoppiにてコードを入力してクーポンをもらえます。

一番上の「4600円OFFクーポンの発行はこちらから!」をクリックします。

iqos5

 

最後に下図が下に現れます。

まず「購入店舗」を選びましょう。
なぜかここでローソンが出ないのでファミリマートを選びました。

ここは適当でも大丈夫ですので、最後に「クーポンを入手する」をクリックすれば終了です。

iqos6

 

クーポンを入手

登録メールアドレスに、下図のようなクーポンが送られてくると思いますので近くの店舗で利用出来るようになります。

iQOSはどこの店舗でも扱っている訳ではないので一度確認しておいた方が良いです。

一番下に発券コードと、発券キーがありますので、書きとめておきましょう。

iqos7

 

iQOSの購入手順

Loppi(ロッピー)でクーポンを発券

まずはローソンの店舗に行ってクーポンを発券しましょう。コードを打てば簡単に発券出来ますのでそれを持ってレジでiQOSキットとヒートスティックを購入しましょう。

iqos9

 

iQOSキットはブラックとホワイトの2種類、ヒートスティックは2015年11月現在、マルボロのレギュラー、バランスレギュラー、メンソール、ミントの4種類が発売されています。

タールがないので、何mm表記がないんです。

僕はiQOSキットはブラック、ヒートスティックは、メンソールを購入してみました。

iqos11

 

iQOSキットの中身

iqos13

開けてみるとこのような感じです。

中身は、ヒートスティックを吸う為のiQOSホルダー、iQOSホルダーを充電、保管するiQOSポケットチャージャー、USBの充電器、iQOSホルダー専用クリーナー、説明書、保証書が入っています。

保証書は購入日から6ヶ月ですので、購入した時のレシートは保管しておいた方がいいです。

iQOSポケットチャージャーは1回の充電で、iQOSホルダーを20回分充電出来ます。
ヒートスティックは1本吸うたびに充電しなければいけないので、1箱吸うたびにポケットチャージャーを充電する必要があります。

1本吸うたびに充電するのは慣れるまでは面倒な気がしてます。

 

iQOSの使い方

iQOSホルダーを装着

まずはiQOSポケットチャージャーにiQOSホルダーを装着します。

カチッというので装着は簡単。向きだけ気をつけましょう。

iqos15

 

iQOSポケットチャージャーを充電

ホルダーを入れたままiQOSポケットチャージャーを充電しましょう。

充電にはUSBを使うので、アダプターを使わずにpcでも充電出来ますので外出先や会社でも問題なさそうです。充電中は画像の緑色のランプが点滅、点灯すれば充電完了です。

iQOSポケットチャージャーのフル充電は90分ほどかかります。

iqos14

 

iQOSホルダーを充電

電源ボタンを3秒長押しでIQOUSシステムが起動します。

iQOSホルダーの充電は約6分かかります。つまり6分間は2本目は吸えなくなります。

iqos16

 

iQOSホルダーにヒートスティックを挿入

iQOSホルダーの充電が終わったら、ヒートスティックを挿入します。

ヒートスティックは下図のようになっています。

iqos17

 

しっかりとタバコ葉も入っています。

iqos18

ホルダーを装着して吸ってみました。

1本で約6分、14回吸ってしまうと終了です。画像の緑ランプが赤に点灯して消えてしまうと吸う事ができなくなります。

iqos19

 

iQOSを吸ってみた感想

満足感

1日2箱吸っているヘビースモーカーとしては、かなり物足りなく1本が終わってしまう気がしますが、しっかりとタバコの味はしますので、タバコを吸えないイライラはまったく感じません。

今までは8mmのマルボロメンソールライトを吸っていたのですが、軽い感じはしません。
タールがないのに不思議なのですが。

匂い

加熱式の独特の葉っぱを加熱している匂いは多少感じますが、通常のたばこより全く匂いがしません。

無臭ではないですが、タバコを吸わない妻もタバコの匂いに気づかないぐらいです。

続けていくメリット

充電する煩わしさはありますが、続けていけば本数は少なくなる事を期待してしばらく続けてみます。

値段は1箱460円なので通常のタバコと変わりませんが、様々なメリットはあります。

禁煙ではないため通常のタバコからは乗り換えやすいし、自然と本数が少なくなるとは思うので、健康を考えて本数を減らしたい方にはピッタリだと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もし興味があったら、クーポンは2015年12月31日までです。

店舗によってはもっと終了が早いので早めに登録しておいた方がいいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*