電気代節約になる乾燥機の時間を短縮出来る4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
electric-dryer-shorttime

乾燥機は大幅に電力をくう家電です。

そのため梅雨期や雨の日が続く時期には大活躍してくれるんですが、電気代は家計的にも押さえたい所です。

この記事では、乾燥機を使用する時にちょっとでも電気代を節約出来る2つの方法をご紹介します。

乾燥機の電気代

乾燥機は思ったより電気代がかかる家電です。種類によって変わってきますが乾燥機は1度使用した電気代は約80円です。

梅雨時等は一日2回回したりもするので、月額にするとかなり電気代がかかります。

 

乾燥機の時間を短縮出来る4つの方法

まとめて洗濯と乾燥する

まずは基本的な事ですが、回す回数を極力減らす方法です。震災以来心がけている人も多いかと思います。

梅雨時は仕方ないですが、毎日から2日に1度の洗濯&乾燥にした場合には水道代、電気代共に節約出来る事になりますよね。

乾燥機と除湿器を併用

脱水後にそのまま乾燥機に入れてしまっている方が非常に多いようです。

ですが、そのまま乾燥機にかけずに除湿器や扇風機を利用してある程度乾かしてから乾燥機にかけるだけで年間10,000円程度の電気代節約につながります。

乾いたバスタオルを入れる

一番手軽な方法として有名な節約アイデアが、脱水した洗濯物と一緒に乾いたバスタオルを一枚入れる方法。単純な方法ですので誰でも取り入れたいですね。

コインランドリーを利用している方でも活用出来ます。

乾燥機の機能にくわえて、乾いたバスタオルが洗濯物の水分を吸収してくれるので、乾燥時間が10分〜15分ほど速く終わるそうです。

そのため吸水性に優れたバスタオルを入れた方がより時間を短縮してくれます。一回の電気代を80円と考えると月で500円程節約出来るので、年間12,000円節約する事が出来ます。

ドライヤーボールを利用

ドライヤーボールは乾燥機の電気代を25%以上も少なくしてくれるアイテムです。使い方も簡単で乾燥機を回す時に一緒に入れるだけで時間短縮してくれる優れアイテムです。

ドライヤーボールで25%の電気代が削減できたとすれば、ヒートポンプ式だと年間2,800円前後、ヒーター式だと年間12,000円程度の節約に繋がります。

入れておくだけで空気を衣類の間に入れてくれるので乾燥を早めてくれるんです。

プラスチックで出来ているものが多いですが、おすすめは可愛らしいハリネズミ型のドライヤーボール。一番売れているタイプです。

乾燥機の中で2匹がコロコロ転がってくれて、熱風を効率よく衣類に当ててくれるようになるんです。さらに入れておけばトゲがあることによって、布への柔軟効果もあるので一石二鳥です。

可愛いハリネズミになったドライヤーボールの詳細

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

効率的に乾燥機を使う事によって年間の電気代はかなり節約出来ます。自宅に乾燥機まである家庭なら是非試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*