住宅ローンの借り入れ前にする自分の信用情報の調べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
credit-information

住宅ローンの借り入れがいくらまで出来るのか?もしかして借りれないんじゃないか・・という心配がある方は多いのではないでしょうか?

以前クレジットの返済が遅れたり家賃を滞納した経験がある人は以外といます。住宅ローン審査に落ちると信用は落ちてしまいますので事前に自分の状況を知っておいた方が良いのです。

この記事では自分の信用情報を調べる方法をご紹介します。

なぜ借金の信用情報を調べた方がいいのか

credit-information

 

実はクレジット会社や銀行等が共有している信用情報は個人で調べる事が出来ます。

実際に住宅ローンを借りる前に自分の借金の状況を書くので、後々銀行には当然ですがチェックされます。銀行が調べられるのになぜ記入するかというと、嘘が無いかを調べる為です。

実際自分の資産状況を把握していない人もいます。携帯の本体を分割で払っている方はほとんどだと思いますが、これもローン契約に入ります。

嘘を書いているつもりじゃなくても事実と違う事を書いては信用されないで審査に通らない可能性があります。

なので一度自分の信用情報を調べてみるのが一番です。

 

信用情報の調べ方

信用情報を調べられる機関は3つあります。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

一般社団法人全国銀行協会が運営している個人信用情報機関です。

一般社団法人全国銀行協会とは銀行、信用金庫、信用組合、労金等が加盟している機関で、銀行系クレジットカード等の情報も管理されています。

本人開示の手続きは、郵送のみです。

株式会社CIC

http://www.cic.co.jp/index.html

クレジットカード関連や自動車や携帯のローン、消費者金融などの指定信用情報機関です。

こちらはクレジット会社の契約内容や支払い状況をインターネットやスマホでも本人開示してくれます。

日本信用情報機構(JICC)

http://www.jicc.co.jp/

賃金業業界や、リース会社、消費者金融等が登録しており、個人情報を調べる事が出来ます。

こちらは利用金額、残高などをスマホや窓口、郵送でも本人開示してくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

銀行の住宅ローンは事前審査に通っていても本審査は違う人間が審査しますので本審査には通らなかったというケースが非常に多いんです。

人間がチェックするものですので、嘘をついていないつもりでも事実と違う状況を書いてしまっては心証が悪くなる可能性もあるので事前にチェックしておく事をおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*